慶應通信政治学専攻卒業後 2006→2011

あしたから

勉強しよう。


きょうは
松江の本屋さんで買った
『海と毒薬』遠藤周作よみました。

日本人の罪意識とは・・・

三部作のこりも
よみたくなりました。


この本を読んだら
なんとなく
石垣りんさんの
『雪崩のとき』という詩を思い出しました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 雪崩(なだれ)のとき

     人は
     その時が来たのだ、という

     雪崩のおこるのは
     雪崩の季節がきたため と。

     武装を捨てた頃の
     あの永世の誓いや心の平静
     世界の国々の権力や争いをそとにした
     つつましい民族の冬ごもりは
     色々な不自由があっても
     また良いものであった。

     平和
     永遠の平和
     平和一色の銀世界
     そうだ、平和という言葉が
     この狭くなった日本の国土に
     粉雪のように舞い
     どっさり降り積もっていた。

     私は破れた靴下を繕い
     編物などしながら時々手を休め
     外を眺めたものだ
     そして ほっ、とする
     ここにはもう爆弾の炸裂も火の色もない
     世界に覇を競う国に住むより
     このほうが私の生きかたに合っている
     と考えたりした。

     それも過ぎてみれば束の間で
     まだととのえた焚木もきれぬまに
     人はざわめき出し
     その時が来た、という
     季節にはさからえないのだ、と。

     雪はとうに降りやんでしまった、
     降り積もった雪の下には
     もうちいさく 野心や、いつわりや
     欲望の芽がかくされていて
     ”すべてがそうなってきたのだから
     しかたがない”というひとつの言葉が
     遠い嶺のあたりでころげ出すと
     もう他の雪をさそって
     しかたがない、しかたがない
     しかたがない
     と、落ちてくる。
     
     ああ あの雪崩、
     あの言葉の
     だんだん勢いづき
     次第に拡がってくるのが
     それが近づいてくるのが

     私にはきこえる
     私にはきこえる。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
[PR]



by nishiogiminami | 2006-08-30 01:47 | blog

1970年代うまれ。     広告会社勤務+主婦。  政治学専攻。(学士入学) 日本の政治思想に関心あり。あと市民運動とか。         趣味はネコと散歩と読書
by nishiogiminami
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

お気に入りブログ

ライフログ

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧