慶應通信政治学専攻卒業後 2006→2011

雑感。

 日本の戦後史。第2次世界大戦後の国内の動きについてとても関心をもっています。


 わたしは愛国心というものについて、その言葉を素直に受け入れたり、
 自分は愛国心を持っている!とは、ストレートにいえないのですが

 もしそれがあるとしたら、唯一、日本国憲法前文にうたわれている精神に、です。
 わたしはこれを小学5年生のときに、なにげなしに読んでとても感動しました。

 こどもだからとても純粋な気持ちでだったと思います。
 このような精神の憲法を持つ国の国民だということに誇りを持ちました。
 また、この精神が、自国のことばかりを考えない普遍的なものだというところには
 特に感動したし、共感したように思います。後から考えてみるとですが。


 そしてこの憲法の精神は、戦後の国民に歓迎され、いろいろな局面がありながらも
 現在まで 変ることなく存在しているわけです。


 ですが、この憲法の精神、つまり基本的人権の尊重・国民主権・平和主義の
 いわゆる三大原 理のなかで、とくに平和主義・9条は、戦後すぐから危機に
 みまわれてきました。

 そもそもこの三大原理は、三つでひとつであり、平和主義がひとつかけても
 人権尊重はなしえないはずなのですが・・・

 もちろん、9条が改正されたわけではありませんでしたが、日米安保条約締結時に
 米軍が 進駐軍としてではなく駐留しはじめたことや、
 アメリカの再軍備要求に従い、日本も自衛隊という実質的軍隊を持ったことをあげれば、
 それは実質的に9条の持つ平和主義をゆるがしたことに違いないと思います。

 9条と安保 というセットの体制は、よく吉田路線といわれています。
 講和条約、安保条約締結時の首相が吉田茂であり、彼がこの路線を築いたからです。
 そして現在まで、この路線はおおむね踏襲されているわけです。


 わたしは、戦後日本のかかえる、この9条と安保といったねじれた関係。齟齬をきたす関係
にとても関心があるのです。
 もうひとつ、国民主権というか民主主義と天皇制という関係にも関心があります。

 
 ジョン・ダワーの「敗北を抱きしめて」のなかに、日本人はお上主義だ といったような
 表現があったように記憶しています。つまり、戦前は天皇の意向のもとに生きていた国民。
 戦後は、その矛先がマッカーサーに向いた。だから比較的占領下での日本人はクルっと
 方向転換ができたということなのです。要は、ヘッドがかわっただけというようなことなの
 でしょうか。

 戦後の日本はそれまでと、まるで生活ぶりもかわり、日本人の精神も大きく変り
 戦時下でのあれは異常だったし、軍部がいけなかったんだといったような風潮が
 ありますが。はたしてそうなのかなあと、考え込んでしまう部分もこの本を読んで感じました。


 はなしはそれましたが、戦後の体制、9条と安保。このねじれた関係について
 ここ何年かで決断をしていこうとする方向になってきています。 
 つまり憲法改正の動きです。
 国民投票法が2010年には施行されるのですから、最短ではそのときから改正の発議がなさ
れる可能性があるわけです。

 こうした状況の中で、9条とは、国内で、国外で、そして日本人の中で、戦後日本の中で
 どのような意味をもっているのか。また安保体制との関係はどのようにして、そしてなぜ
 生まれ、それはどのようにとらえられてきたのか。ということを、今一度よく考えてみたいと
 考えるようになりました。

 ねじれているから、あいまいだから、すっきりさせよう。という単純なはなしでもないと
 思いますが、「なんとなくこのような体制。」なのではなくて、よく考えることが大切なような
 気がしています。

 国内の問題だけではなく、国際社会において、日本がどういう立場で今後生きていくのか
 といった理念にも関係してくると思います。
 
 アメリカの関係のみならず、国際社会でのアメリカの位置づけも今後変っていくかも
 しれないのですから、日本は自分自身どのような形で行動していくのかをきっと
 このあたりで決断していかなくてはいけないのかなあと思います。

 
 個人的には、歴史の大きな流れのなかで、 9条精神というのは→の先の方に存在して
 いると思うので、これを後退させることなく、活かした形での方向性を模索したいと
 思っています。

 
 
 このような関心から、やはり国際社会の流れ、つまり世界史。
 には時間をさいていかなくてはいけないなあと感じています。
 もちろん現在進行形のこともなのですが、歴史というのは重要です。

 ということで、アメリカの歴史についても学ばなくてはいけません。
 知ってるつもりがまるで知らないということばかりです。
 
 ほんとに学べば学ぶほどに、自分のわからなさ加減を実感します・・・

 
 

 
[PR]



by nishiogiminami | 2008-10-16 12:43 | blog

1970年代うまれ。     広告会社勤務+主婦。  政治学専攻。(学士入学) 日本の政治思想に関心あり。あと市民運動とか。         趣味はネコと散歩と読書
by nishiogiminami
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

お気に入りブログ

ライフログ

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧