慶應通信政治学専攻卒業後 2006→2011

カテゴリ:blog( 51 )




2011

ことしも終わりますね。

先日、会社に退社願いをつたえました。
来年2月末に会社をやめます。

学生生活が慣れて、ペースがつかめたら、また
アルバイトくらいは始めたいとおもってますが、
かなり金銭的にはきびしいな、

しかも、年齢や、このご時世を考えると不安は
ゼロではありません

けど、ま、仕方ないよね?
[PR]



by nishiogiminami | 2011-12-31 21:00 | blog

リスタート。

また時間があいてしまいましたが、

その間、あまりにも激動な日々でした。


慶應での大学生活を記録してきた日記なので
卒業式をもってひとくぎりしてみよう、なんて考えていたのですが

その卒業式も震災の影響で今年は通常通りには行われませんでした。


なのですが、
通信生のなかでも、さまざまな声があがり、その声を大学側へ力強く伝えた結果
大学側もそれに誠実にこたえてくださり

6月にはいって卒業式がおこなわれることになりました。




こんなときだから、と当然のようにあきらめていたのですが、
やっぱり式って大切ですね!

わたしなんて、9月度卒業生だったので昨年の秋には卒業がきまっていたのですが
それでもずーっとちゅうぶらりんな気分でした。

区切りっていうのは非常に大切です。新しいスタートがきれませんものね。


この夏以降、ようやく完全にリスタートです。


というわけでタイトルも変更してみました。


今後は、
卒業後も続けていく学習について(進学も検討中)を中心に
いままでどおり日々のことなどについてつらつらと書いていく予定です。

よろしければひきつづきよろしくおねがいします☆
[PR]



by nishiogiminami | 2011-08-07 12:58 | blog

卒業しました!

またしばらく放置してしまっておりました。

さて、タイトルのとおり、先月中旬無事に通知がきまして
卒業いたしました。


まだあんまり振り返れていないのですが

淡々と長距離走をしつつ
終盤は坂道を砂袋をつけて猛ダッシュもしたようで

とはいえ、基本的には孤独に淡々とはしった、という印象です。


ここをのぞいてくださっている
同じような境遇のみなさんにとって役立つような
情報を、また落ち着いたらアップできたらと思います。


いつかのぼりきれる山ですので
いそがばまわれで、コツコツ愚直にがんばるのが
一番の早道!これがわたしの実感です。

どうかがんばってください!

ていうか、わたしも、今後も愚直にがんばります!
[PR]



by nishiogiminami | 2010-11-08 23:36 | blog

卒業式

いよいよ明日は卒業式ですね。

卒業される方、おめでとうございます!!!!!


通信での学習というのは、基本的には孤独だし
自分との闘い(休もうと思えば休めちゃう。やめようと思えばやめられちゃう)

そうした状況で卒業まで到達できたことはすごいことだと
思います。おつかれさまでした☆

そして尊敬します。



わたし個人のことでいえば、
仲良くしていただいた友人が2名卒業されます。

とってもおめだたいし、うれしいです。

でもちょっとさみしいです。ていうかかなりさみしいです。


わたしが入学当初から
直接的にもはげましてくれたり、

実際に会っては話したりなどしてくれた友達だし


ブログなんかをつうじて

がんばっている姿をみているだけで

わたしもがんばろう!!とものすごーく励みになっていました。


こういうとき、通信で学んでいても全然孤独ではないですし

心強かったです。


先に卒業という形で、ひとつのことを成し遂げていく彼ら。

こころからエールをおくりたいです。



ほんとに、かつての大学生のときとは全然ちがって

通信で大学生をはじめてからというもの
様々な、ほんとに様々なバックボーンを持つ方、
いろんな夢をもってその実現を目指している方、

とっても刺激的な出会いの連続でした。

明日卒業するお二人ももちろんそうです。



わたし自身も、まずは卒業を目指して目の前のことを
一生懸命やっていくしかないですね☆


先輩につづけるように。



ほんとうにおめでとうございます!!!!!
[PR]



by nishiogiminami | 2009-03-22 19:39 | blog

2009

みなさま今年もよろしくおねがいいたします☆

もう5日だ。はやいものだ。
今回の年末年始は、太らないように気をつけてみました。

どうしても外食が続くけど
家では質素に徹底してみました。
なんとか通常モードに押さえられました。実ははじめて!


さて、今年の計画など。


ことしは
大学での論文以外の単位を秋までにとりきる。
夏のスクーリングでマックスとる予定ですが
これでもまだ、スク上限28単位には満たないです。

が年間でのスク単位は12単位までなので

スクは上限までとらないで、テキストでもうちょっとがんばるとして
とにかく今年の夏、秋までに必要単位はとりきりたい。と思ってます。



で、来年以降のスクでは、資格試験に必要な法律系の
学習などにいそしみたいのです。

一応、今年から資格試験には挑戦してみるつもりですが。。


それから語学。
大学院にいくとすると英語。これは急務なのでがんばります。
そうじゃなくても必要だけど

あとフランス語。これともだちとちょっとはじめるつもり。
大学で履修していたはずですが、まーーーったく覚えてない。
これは気軽にがんばります。


最後に、卒論。ほんとはこれが優先順位一番だけど
まずは指導してもらえるか、誰か先生が拾ってくれるかが
問題なので、祈ります。。。。
[PR]



by nishiogiminami | 2009-01-05 13:57 | blog

雑感。

 日本の戦後史。第2次世界大戦後の国内の動きについてとても関心をもっています。


 わたしは愛国心というものについて、その言葉を素直に受け入れたり、
 自分は愛国心を持っている!とは、ストレートにいえないのですが

 もしそれがあるとしたら、唯一、日本国憲法前文にうたわれている精神に、です。
 わたしはこれを小学5年生のときに、なにげなしに読んでとても感動しました。

 こどもだからとても純粋な気持ちでだったと思います。
 このような精神の憲法を持つ国の国民だということに誇りを持ちました。
 また、この精神が、自国のことばかりを考えない普遍的なものだというところには
 特に感動したし、共感したように思います。後から考えてみるとですが。


 そしてこの憲法の精神は、戦後の国民に歓迎され、いろいろな局面がありながらも
 現在まで 変ることなく存在しているわけです。


 ですが、この憲法の精神、つまり基本的人権の尊重・国民主権・平和主義の
 いわゆる三大原 理のなかで、とくに平和主義・9条は、戦後すぐから危機に
 みまわれてきました。

 そもそもこの三大原理は、三つでひとつであり、平和主義がひとつかけても
 人権尊重はなしえないはずなのですが・・・

 もちろん、9条が改正されたわけではありませんでしたが、日米安保条約締結時に
 米軍が 進駐軍としてではなく駐留しはじめたことや、
 アメリカの再軍備要求に従い、日本も自衛隊という実質的軍隊を持ったことをあげれば、
 それは実質的に9条の持つ平和主義をゆるがしたことに違いないと思います。

 9条と安保 というセットの体制は、よく吉田路線といわれています。
 講和条約、安保条約締結時の首相が吉田茂であり、彼がこの路線を築いたからです。
 そして現在まで、この路線はおおむね踏襲されているわけです。


 わたしは、戦後日本のかかえる、この9条と安保といったねじれた関係。齟齬をきたす関係
にとても関心があるのです。
 もうひとつ、国民主権というか民主主義と天皇制という関係にも関心があります。

 
 ジョン・ダワーの「敗北を抱きしめて」のなかに、日本人はお上主義だ といったような
 表現があったように記憶しています。つまり、戦前は天皇の意向のもとに生きていた国民。
 戦後は、その矛先がマッカーサーに向いた。だから比較的占領下での日本人はクルっと
 方向転換ができたということなのです。要は、ヘッドがかわっただけというようなことなの
 でしょうか。

 戦後の日本はそれまでと、まるで生活ぶりもかわり、日本人の精神も大きく変り
 戦時下でのあれは異常だったし、軍部がいけなかったんだといったような風潮が
 ありますが。はたしてそうなのかなあと、考え込んでしまう部分もこの本を読んで感じました。


 はなしはそれましたが、戦後の体制、9条と安保。このねじれた関係について
 ここ何年かで決断をしていこうとする方向になってきています。 
 つまり憲法改正の動きです。
 国民投票法が2010年には施行されるのですから、最短ではそのときから改正の発議がなさ
れる可能性があるわけです。

 こうした状況の中で、9条とは、国内で、国外で、そして日本人の中で、戦後日本の中で
 どのような意味をもっているのか。また安保体制との関係はどのようにして、そしてなぜ
 生まれ、それはどのようにとらえられてきたのか。ということを、今一度よく考えてみたいと
 考えるようになりました。

 ねじれているから、あいまいだから、すっきりさせよう。という単純なはなしでもないと
 思いますが、「なんとなくこのような体制。」なのではなくて、よく考えることが大切なような
 気がしています。

 国内の問題だけではなく、国際社会において、日本がどういう立場で今後生きていくのか
 といった理念にも関係してくると思います。
 
 アメリカの関係のみならず、国際社会でのアメリカの位置づけも今後変っていくかも
 しれないのですから、日本は自分自身どのような形で行動していくのかをきっと
 このあたりで決断していかなくてはいけないのかなあと思います。

 
 個人的には、歴史の大きな流れのなかで、 9条精神というのは→の先の方に存在して
 いると思うので、これを後退させることなく、活かした形での方向性を模索したいと
 思っています。

 
 
 このような関心から、やはり国際社会の流れ、つまり世界史。
 には時間をさいていかなくてはいけないなあと感じています。
 もちろん現在進行形のこともなのですが、歴史というのは重要です。

 ということで、アメリカの歴史についても学ばなくてはいけません。
 知ってるつもりがまるで知らないということばかりです。
 
 ほんとに学べば学ぶほどに、自分のわからなさ加減を実感します・・・

 
 

 
[PR]



by nishiogiminami | 2008-10-16 12:43 | blog

メモ

仕事をやめてからは

勉強に使える時間がたくさんできたので


研究したいというか関心のあることへの読書に
時間をあてている


以前から関心のあった
日本人には本当の民主主義が浸透しているんだろうか。
主体性があるんだろうか。
どうして政治的ニヒリズムが色濃いのだろうか。

ということについて
いろいろ読み漁っている。


ジョンダワーの「敗北を抱きしめて」や
小熊英二の「民主と愛国」は興味深くて

後者はまだ全部読んでなくて
大作なのでまだ5分の1くらいかな・・・

でも両者から読み取れるのは

やっぱり、封建制から明治維新をへて近代国家になった
ときに、ほんとうの民主主義というか民の主体性というものは
生まれてなかったんだということなんだろうと思う。

天皇制が存在しているのだから
本当のところで最後は自分の責任で行動する、ということが
できていないのではないか。という。
(さきごろはやりの『自己責任』とは違う性質)

あと、両者で論じられてて興味深いのは

日本人のお上主義的な素直さ(みたいな性質)。

戦時中、あれだけ忠君愛国であったのに
戦後は、「マッカーサー様!」と一変したその変わり身の早さは
不気味だということだ。

わたしもここにはとても興味がある。

日本人のことがとても気になる。
[PR]



by nishiogiminami | 2008-05-16 13:05 | blog

ようやく!

ネットワークがつながりました。

引越し(7日)以後、インターネット環境が
断絶されてたんですが復活です☆

これがないとなかなか不便ですね~
まったく不便でした!


会社も、まえのようにマイペースに
パチパチできずってそれが当たり前なんですが・・・

仕事もはじめたばっかりなのに
いきなりいっしょにやる人が新婚旅行でずっといないし

いきなり締め切り間際で、
怒涛のごとくの仕事量!

それでもなんとか乗り切れました~

さて次は、民法総論に挑戦予定です☆
[PR]



by nishiogiminami | 2006-10-21 19:54 | blog

集中力カンバックプリーズ☆

夜スクーリング初日。
木曜日だったんですが

ぶっちぎってしまいましたよ・・・


急遽、大阪にいっていたのです。


そんなわけで
次回からやってまいります。


そして、試験勉強。

木曜日、新幹線の中で英語Ⅶ。
これはもう反復。

金曜日もまた英語Ⅶ。

そして今日。
これからまた英語Ⅶ。


人生いろいろあるもので
日ごろ、いろいろあっても集中力は
あるほうなんですが
今回はなかなかどうして・・・
分散、散漫傾向大でして

まあ、思いつくままになだれてみます!
なので英語ばっかり。
[PR]



by nishiogiminami | 2006-09-30 21:45 | blog

ゆれる


 きのうダンボールがきました。
 引越し荷造りモードです。


 じつは引越し趣味でして
 荷造りもぜんぜんいとわずできたのですが
 いままでは・・・

 今回はどうもヤル気が・・・


 
 さて、きょうは
 無職初日(次の仕事開始まで間があるのでね)

 映画「ゆれる」をようやくみに。


 よかった。
 描写もストーリーもすごく。
 音楽もよかったです。


 観たあと、ともだちと
 いろいろなシーンについての
 疑問点などはなしつつ

 伊勢丹で靴などチェックしつつ


 夜は
 仕事を終えたもう一人のともだちと
 銀座で合流。
 

 無職の初日を堪能しました。


 勉強。これからします。政治学。
 過去問の用語をまずは辞典でチェック。
 
 
 
[PR]



by nishiogiminami | 2006-09-20 00:25 | blog

1970年代うまれ。     広告会社勤務+主婦。  政治学専攻。(学士入学) 日本の政治思想に関心あり。あと市民運動とか。         趣味はネコと散歩と読書
by nishiogiminami
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

お気に入りブログ

ライフログ

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧